東京メトロ上場
SBI
【新NISA口座でNO1人気のSBI証券!今ならハピタス経由の口座開設で今だけ11,000円相当GET!】
                                      .

■東京メトロ24年度上場へ 政府・都が株売却、復興財源に

政府と東京都は東京地下鉄(東京メトロ)の株式の売却を2024年度中にも始める。夏以降に株式の上場を目指す。両者で100%を保有する株式を最終的に50%売却する。政府側の売却益は東日本大震災の復興財源に充てる。東京株式市場で株高が続く環境を踏まえ売却時期を詰める。(後略)  / 出所:2024/01/26 日経速報ニュース



ニュース概要

都が26日に発表した24年度予算案に売却手続きにかかる経費として約36億円を盛り込んだ。予算案は3月末までに都議会での成立を目指す。その後、政府と都で売却に向けた準備を本格化させる。(=上場は今年4月以降ということですね)

政府と都それぞれが所有株を同時期に同率で売却して、50%を売却する方向。

主幹事は野村證券など5社を選定済み=野村証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン証券、ゴールドマン・サックス証券、BofA証券
(※あくまで主幹事です。この規模のIPOになるとネット証券各社にもかなりの割当株数があります)

新型コロナウイルス禍で東京メトロの経営が悪化し上場には逆風だったが、23年4〜9月期の連結決算は純利益が前年同期比約2.7倍の242億円まで回復した。

24年度中にも売却に踏み切るのは同社の業績の回復と東京株式市場で続く株高が背景にある。

たしかに長かったコロナ禍が過ぎ去り、日経平均はバブル後の高値を更新しています。
しかも今回の株高は、新NISAパワーではなく、海外機関投資家による大型株・主力株の大人買いが主な原動力です。東京メトロクラスの超大型案件になると海外投資家の買いも期待できます。超大型のIPO上場の条件は揃っているのかも知れませんね(^_-)-☆


IPOや株主優待用の口座開設は、ハピタス経由が断然お得です!


IPO投資といえば複数口座が必須でしたが、最近では株主優待でも複数口座がないと一般信用枠の獲得が大変難しくなっています。一般信用枠の争奪戦が年々激化しているからです。(日興、SBI、楽天、松井、GMOが一般信用取り扱いあり)

IPOや株主優待にそなえて複数の口座開設をお考えでしたら、 ハピタス経由の証券口座開設がが断然お得です!
開設者様自身が高額ポイントをもらえるというメリットがある為お勧めしています。
(付与されたポイントは、現金、PayPay、各種電子マネー等に簡単に交換できます!)


ハピタス 口座開設 1.11
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
証券口座ネット銀行の口座開設でザクザクポイントが貯まります!


最初にハピタスに無料登録というひと手間はありますが、IPO用に多数の口座開設するのであればお得度は大幅にUP! そしてネットショッピングや、外食店の予約等の優待生活でもポイント付与があり、登録しておいて損はありませんよ(^_-)-☆ 
付与ポイント(金額)は短期間で変動しますのでお早目に!

IPO投資の必需品はIPO抽選参加用の証券口座です。IPO投資の第1歩はできるだけ多くの証券口座を開設することですね。


SBI証券   :   11000円相当取引不要!)=今月末まで!
楽天証券   :   5000円相当取引不要!)=取引不要!
auカブコム証券:  7500円相当(口座開設+取引)=三菱UFJのIPOを取り扱い!
マネックス証券:  10000円相当(口座開設+取引)=IPO取扱い数はTOP級!
大和コネクト証券1600円相当取引不要!)
ウィブル証券、今だけ口座開設+取引1回で12000円相当のポイントがもらえます。
  (※2024年1月26日現在の付与ポイントです)

 コネクト証券の口座開設(入金なし)で2600円相当いただきました!


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス