IPO初値予想/分析 IPOストライカーの投資ブログ!

IPO(新規公開株)などで億り人(資産2億円)を達成しました! IPO、FX、PO、株、株主優待などにチャレンジする株式投資ブログです! (当サイトにはアフィリエイト広告が含まれています)

★IPO抽選システム考察★

IPO:トータル・メディカルサービス 当選 と大和口座の特性

      IPO トータルメディカ 当選

◆トータルメディカ、大和で当選 
いわゆるP−級のIPOですが、このところ「当選」の文字から遠ざかっていたので、ひと安心しました。昨日のNYはまた大きく上げ、BB時点からみれば、外部環境はかなり落ち着いてきましたね。
NEW   5 最大25万円キャッシュバッククリック証券【FX】

◆大和口座の悩み
大和口座は、確率UPのチャンス回数(株主優待や取引で獲得)が高いので当りやすいのですが、ある意味葛藤があります。今回はチャンス当選ではありませんが、チャンス抽選の対象となるには、ダイレクト口座でなければならないのです。

かつての店頭口座からダイレクトに移ったのは、担当との相性悪・優待クロス用の一般信用の利用、そしてこのチャンス抽選などを考慮してのことです。当時は、こんなPOラッシュの時代は予想できませんでした。今後は、POや中国株IPOの状況しだいで、再び店頭に戻ることも考えないといけません。

ダイレクトでぼちぼち手数料を落としてますので、当支店レベルだと、店頭口座に戻ってもすぐ担当がつきます。大して相手にされないのはしょうがないとして、「また戻ってきたのか」(実は2回目)と思われそうなのが鬱なのですw

ブログ村・IPOの新着記事をみても、BB参加者は少なく、当選のかたは、ほかに3〜4名様といった状態です。NY暴落中のBBとあってスルーしたかたも多かったようです。

頻繁な入出金は、IPO/PO配分に悪影響?

質問いただきました。自分自身詳しく把握できていない部分(店頭)も多々ありますが、基本的には資金は動かさず、固定した方がいいことは間違いありません。

以前の店頭担当者の営業成績というと、手数料収入一辺倒でしたが、昨今は、顧客の手数料だけでなく、資産残高も重要な評価ポイントになることが多いからです。

ある程度重点とする店頭を絞り込み、お付き合い重視と言うことで、出来る限り出金は控えるようにはしています。

とはいえ、大型POの連荘となると、限られた資産のもと、資金移動せざるをえません。また、SBI証券にS級IPOの抽選があったりすると、どうしても資金をSBIへ集中したくなります。

対策としては、小額でも国債などの貯蓄性の高い商品を、口座開設当初に購入し、一部でも資金を固定化ようにしています。旧新光さんなどは、一見客やIPO目当ての客は、口座開設を断られることもありました。そんな時も「国債を買いたいので口座開設したい」と言えば問題ありませんでした。国債等の購入により、簡単には動かせない預かり資産ができるうえ、「単なる冷やかし客ではない」と言う印象を与える効果もあります。
【楽天証券】期間限定★もれなく1,000ポイント増量!最大20,700ポイント →6/7まで!

もちろん、担当が勧めてくる、投信や仕組み債を購入すれば最大の効果がありますが、オススメ物ばかりを長期ホールドしてたら、破滅への道を歩み始めることになりかねませんw

手っ取り早く安全な残高を持つ手段として、国債以外では、県民債・市債という選択肢もありました。夕張市破綻のような例もあるので注意が必要ですが、現在もっている某県民債(満期まであと少し)は、国債の約2.6倍の利率となっており、長期ではバカにできません。
    債券

また、期末にたまたま、資金が余っていたら、ネット証券やネット銀行から、所定の店頭口座に入金するようにしています。時々聞くパターンかもしれませんが、期末の残高で担当の査定がアップする店頭があるからです。

こう考えると、店頭対策とは「担当の評価システム(給料体系)を把握する」ことでもあるのですね。もちろん多額の取引をして手数料を献上すれば、担当の成績UPにつながりますが、所詮一般人では限りがあります。

そこで、⇒ JACKさんの本 にもあったように、セミナー動員への協力や、証券会社のクレジットカード作成といった、直接お金をかけずに、担当の成績UPにつながる作戦も極めて有効だと思います。

その他、どの程度効果があるかわかりませんが、支店として配分を取るためのBB積み上げに協力したり、不人気POでも、要請があれば気持ち程度引き受けたり(最近ではゲンキー)、月並みですが実行しています。

リスクを押えて手数料を献上するやり方は、店頭と付き合いが長い方は、それぞれ独自の手法をもっているのではないでしょうか。最近では、店頭証券のネット信用口座(野村HTなど)を開設しています。そして、持っているPO銘柄などのツナギ売りをして、小幅な利益と手数料を稼ぐようにしています。自分的には勝率が高いうえ、万一踏み上げられたら、現渡しで決済してしまえばいいので、通常取引よりは気が楽です。

     にほんブログ村 株ブログ PO・公募増資株へ            にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆当ブログ特典!開設+3万円入金で図書券3,000円分全プレ!!合計8,000円相当をGET! 
★タイアップ特典!当ブログ経緯なら3000円分上乗せ!
★もちろん通常キャンペーンの5,000円プレゼント(5万通貨お取引)もWゲットできます!(延長!当面期限なし!)  
  FXトレーディングシステムズ  ⇒ GET画像
クオカード全プレ!【ひまわり証券】のCFD取引

IPO:日本海洋掘削、野村ジョイでは取り扱い無しですか?

IPO:日本海洋掘削、野村HT(ホームトレード)では、既にBBがはじまっていますが、野村ジョイでは取り扱いが無いようです。今後のこともあるので野村ジョイのIPOについて、電話で聞いてみました。

野村ジョイ

HTでは取扱いのある日本海洋掘削,野村ジョイでの扱いは? 
 この時期で告知がないので、恐らく野村ジョイでは扱わないようです・・・ (ここで確認にいく) 確認しましたが、今回は取り扱いなしということです。

今後、野村ジョイでは、どのようなIPOを取り扱うのですか?
(確認したうえで) 基本的に野村證券が主幹事のIPOを取り扱います。ほぼジョインベスト時代と同じ基準になります。ただし、野村主幹事IPOなら、100%取り扱うとは言い切れないので、その都度HPでご確認いただくことになります。

野村HTでは、預かりが無くても抽選参加できますが、野村ジョイは、前受けが必要ですか?
 必要です。こちらもジョイン時代と同じく、申し込み時は資金不要ですが、抽選日に相当額のMRF等がないと抽選対象となりません。

もし、野村主幹事IPOを、HTとジョイの両方で申し込んだ場合問題はありませんか? 
両方に口座があれば、問題ありません。(キッパリ)

では、支店口座と野村ジョイのW申し込みは?
 問題ありません。(キッパリ←でも本当?)

公募増資(PO)銘柄の取り扱いは?  
 こちらも、野村証券の主幹事の銘柄が中心となりますが、ケースバイケースです。HPでの確認をお願いします。

なお現在は、三井松島産業、三菱UFJ、T&D HDのPO申し込みが可能です。
------------------------------------------------------------------------------------------

応答内容は以上です。オペレーターの方、長々とありがとうございました。実質的にジョインベスト方式を、ほぼそのまま持ち込んだような印象です。支店とジョイのW申し込みは、本当にいいのかという気もしますが、返答をそのまま載せておきます。

あえて言うなら、本体と一体になったことで、より本体の都合優先に(不人気IPOほど配分が厚いなど)ならないかという心配はあります。

HTとジョイならばW参加ができそうなので、確率的では微々たるものですが、ジョインベスト口座開設は、全くの無駄にはならなかったことになります。あとは、店頭と違ってある程度臨機応変が効く?と言う点で、POにも活用できそうですね。
------------------------------------------------------------------------------------------

◆6141:森精機のPO価格決まる
 ディスカウントは3.85%、PO価格800円に決定しました。

  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ        ⇒ にほんブログ村・IPOへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NEW   5 口座開設+取引で7,000円プレゼント!
トレイダーズ証券-TRADERS FX-

★口座開設+取引7回(実質3.5往復でOK!)で7,000円プレゼント!さらに取引次第で3000円も!1/29日まで
◆キャッシュバックキャンペーンの詳細は ⇒ こちらです!
   
 CFDだったらDMM.com証券

SBIの複数補欠当選について質問しました

FOIの複数補欠
SBI証券のIPO抽選で、複数の補欠当選について細かなことですが疑問点がありました。コールセンターに電話して聞いてみました。

複数補欠当選の場合、一部だけの購入申込み(例:500株補欠→100株だけ購入申込み)はできないのですか? 

 基本的に、全株申し込みか、全株キャンセルかのどちらかになります。ただ例外で、一部申込み可能な場合があります。それは、1銘柄に当選と複数補欠当選の両方がある時で、この場合のみ、複数補欠当選のうち一部購入申し込みが可能です。

では、複数補欠当選で全株購入申し込みした場合、繰上げ当選も全株かゼロかどちらかになるのですか?(一部だけ繰上げはあるのか?)

(ここで上の人に確認して)、繰上げ当選につきましては、一部だけの当選もあります。申し込み後、繰上った株数を必ずご確認下さい。


というわけで、全株申し込みで繰り上げ当選の場合、何株くるのかはフタを開けてみなければわかりません。今までは、ポイント狙いで補欠申し込みしても、意外と繰り上がることはありませんでした。(本当に危なそうなものはキャンセルしてました) 今回のSBIは、副幹事で配分数も多いので、確認してみました。

■FOI、各社の申し込み最終期限
 ・SBI証券 : 11/16日(月) AM8:00
 ・カブドットコム:11/17日(火) AM11:30
 ・松井証券 : 11/17日(火) PM15:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NEW   5今だけ3千円増額! ★【MJ】
5000円⇒8,000円キャッシュバックに 
初回入金5万+取引1回で8000円プレゼント!
キャンペーン内容の詳細は、 ⇒ コチラです! 

   すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」 矢印  左限定11/30日まで!
【更新】総額20万円!?キャッシュバック祭りは こちらです!

【野村とジョイン統合】 IPOは、HTと野村ジョイのW申し込みが可能!?

野村とジョインベスト統合の案内が届いています。統合後のIPOの取り扱いなどについて電話で聞いてみました。
  野村 ジョインベスト 統合
     

両方に口座がある場合、特定口座をどちらか1つに集約する必要があるようですが、仮に野村本体に集約した場合、野村ジョイ口座(旧ジョインベスト口座)はどうなりますか?
⇒ 一般口座としてそのまま継続され、旧ジョインベスト口座と大きく変わらない取引が可能です。

ということは、「野村ジョイ」からIPO申し込みも可能?
⇒ 可能です。IPO申し込み画面も、ほぼ今のまま移植する予定で、ジョイン時代と同じように申し込みできます。

両方に口座がある場合、HTと野村ジョイの2箇所からダブル申し込みできますか?また、1つの証券会社内で、複数申し込みすることに問題はありませんか?
⇒ IPO申し込み自体は、2箇所から別々にできます。(・・・・ここで上の人に聞きにいった)2箇所からBBすることも問題ないということです。

複数窓口から抽選参加することで当選確率は上がりますか?
⇒ (また、他の人に確認して・・・・) 一概に何倍確率が上がるとはいえませんが、1箇所だけより2箇所から申し込んだ方が当たりやすくなることは確かです。

野村ジョイと野村HT、いずれ合併したりしませんか?
⇒ ありません。HTとは別カテゴリーとして存続する予定です。
-----------------------------------------------------------------------------------------

 勘のいい方は、すぐ「野村ほっとダイレクト」口座を思い浮かべたのではないでしょうか。話を聞いた感じでは、「野村ジョイ」の位置付けは「ほっとダイレクト」に近いものがありそうです。(独立していたが失敗して本体で取り込んだ、という経緯もそっくりです) 
 以前から野村は複数口座を持ちたければ、できないことはありませんでしたが、また1つ追加という感じでしょうか。

ただ、ジョイン時代からIPOの当選確率は低くあまり期待できませんでした。合併でどちらか1つが一般口座になっても、ダメもと程度のつもりでBBすればいいかもしれません。万がいち、プラチナ級IPOが一般で当選したら、しっかり税金を払いましょうw

  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ       ⇒ にほんブログ村/IPOへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マネーパートナーズ   取引なしでOK! 
■■■もれなく合計5,000円プレゼント!!■■■
口座開設するだけで3000円プレゼント!!
★さらに10万円入金で2000円プレゼント!!
  マネーパートナーズ
矢印  左延長!来年3月まで!

5000円相当全プレもあとわずか!⇒ 

三菱UFJ証券  IPO当選確率優遇サービス

三菱UFJ IPO当選確率優遇サービス

■ ステージ基準
基準月(2、5、8、11月)に、「お預り資産」「お取引実績基準」(支払った手数料の合計額)のどちらか基準をクリアすること。ステージ2か3に該当するとお知らせのハガキが届きます。(年2回くらい)
 ⇒ http://www.sc.mufg.jp/products/stock/new/ipo_list.html

■ 注意点
証券会社によっては、資産残高取引実績の両方を要求するようなところもありますが、三菱UFJはどちらか一方を満たせばOKです。

お取引実績とは、基準月以前半年間の国内の株式・新株予約権付社債・新株予約権証券の委託手数料累計額です。

■ 基準月と適用期間のズレ
(例)基準月:8月(末)
   ⇒ 優遇サービス適用期間 10月〜12月の3ヶ月間


IPO好調期には、優待や通常取引等で、資金的に厳しくとも ステージ2の方はできるだけ取るように心がけていまいした。しかし去年あたりからの主幹事案件の少なさ、公募割れの多さ等から、ステージはほとんど意味がなくなってしまい、面倒なのもあってステージを取ることは止めていました。

今回、意表をついての三菱総研・キャンバスの2銘柄主幹事となっています。この2社で優遇倍率を受けるには、基準月5月に条件をクリアしていなければなりません。

資金に余裕がある方で、もし今後、三菱の主幹事や副幹事級のIPOがそこそこあると踏むなら、ステージを取ってみるのもいいのでは。(2月と8月は優待銘柄が多いのが難点です)

   にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ       ⇒ にほんブログ村/IPOへ

カブドットコムのIPO、やはり変調あり?

IPO:三菱総研のBBが、来週より始まろうとしています。主幹事は三菱UFJ証券ですが、カブドットコム証券のHPを見ても、IPOを取り扱いの告知がありません。これはおかしいと思い、カブドットコム証券のコールセンターに電話で聞いてみました。

三菱総研とキャンバスの取り扱いは?
 現在のところ両社ともありません。

三菱UFJ主幹事のIPOなのになぜ?
 三菱UFJ証券より割り当てが無いからと聞いていますが、詳しい理由はよくわかりません。

インサイダー事件と関係あるのでは?(自粛など)
 その件とは全く関係ありません。

今後、IPOの取り扱いは?引き受け方針に変更は?
 IPOは、今後も取り扱う予定です。引き受け方針の変更等の話は全く聞いておりません。もし、変更があれば速やかにHPでご案内します。


応答は以上のように、かなりマニュアル的なものでした。振り返ってみると、3月BBのソケッツまでは申込可能でしたが、その後IPOは全く取り扱いがありません。三菱UFJ証券が平幹事だったクックパッドや八洲電機、そして主幹事の三菱総研とキャンバスなど、全てが取り扱い無しなのは、どう見てもおかしいですね。

電話で受けた感触では、オペレーターの人も「変」だと思いながらその理由についてはよくわからない、といった感じでした。 いずれにしても異変は明らかなので、いずれ何かしらアナウンスがあっても良さそうなものです。三菱主幹事の案件なら、ある程度の配分数が期待できただけに残念でなりません。

【今日の新興市場】
9月末分割の3632:グリーは、権利取りの動きもあり上場来高値を更新。また昨日1→2の株式分割を発表した2175:SMSも、GUで始まり+12000円の48.2万で大引け。クッパは、−1780円とまだ調整中。 

IPOの当選確率がアップ!大和証券の優待が到着

大和証券より株主優待の案内届きました。優待は、各地の支店長が推薦する地方名産品交換ポイント会社四季報などから1つ選択できます。おいしそうな優待品(写真下)に食指が動きそうですが、ここはIPO抽選確率アップのためぐっとガマンして「交換ポイント」を選択します。

   大和証券  株主優待
     本当に今のFX業者で満足ですか?

この「ポイント残高」に応じてIPOの当選確率が変動する「チャンス抽選」の恩恵を受けることができます。今3月は株価も安かったの5000株の権利確定となり、5000Pをゲットできます。(ポイントは11月までに付与、となっています) 現時点で4380P保持(下画像クリック)しているので、5000P追加で9000P超となり、チャンス回数は8回になります。
  IPO抽選 チャンス回数 ポイント

ただし、IPO抽選の優遇が適用されるのは、ダイレクトコースのみですのでご注意下さい。自分的には、ポイントが貯まってきた、一般信用を使いたい、店頭でIPO的恩恵はないのに電話だけうるさい、等々の理由から昨年ダイレクトに移りましたが、店頭での親密度しだいですね。

大和証券:IPO抽選のチャンス回数とは?

 チャンス回数とは、「新規公開株式抽選参加サービス」のチャンス抽選に際して、当選チャンスを増減させる数字で、チャンス回数が大きくなるほど当選確率が高くなります。
 なお、チャンス抽選は「ダイワ・ダイレクト」コースのお客様のみを対象に、原則として当社販売数量の5%分について当選を決定するものです。チャンス回数は、下表の通り、交換ポイント残高が多いほど、大きくなります。

   IPO抽選 チャンス回数 大和証券


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NEW   5好評!7/31日まで延長!★【為替ライフ】
3,000円分のギフトカードプレゼント!
新規口座開設+10枚以上のお取引で3,000円分のギフトカードプレゼント!(くりっく365)
   

お得意様に大量配分だった?IPO:グリー配分の考察

昨年暮れの話題性のあったIPO:グリーの配分結果を簡単にまとめてみました。ミクシィの好敵手ということで話題先行でしたが、F社ランクはP−と低め。評価は強弱感が別れ、枚数も多かったのでまずまず当りやすかったのですが、とにかく地合いが悪く、直前のIPOのほとんどが公募割れで当選をキャンセルする人もでるほどでした。

           (↓クリックで拡大)
IPO:グリー配分の考察

■野村證券の配分
OA合せた全配分が31226枚、このうち個人向けが18906枚(60.5%)。個人向けのうち完全抽選(規則に基ずく抽選)に回ったのはわずか662枚(全配分の2.1% 個人向けの3.5%)、抽選によらない配分は18244枚(個人向けの96.4%)となっています。

一人あたり平均6.1枚配分
これには注釈が付されており、「グリー蠅砲弔い討蓮抽選に付する予定数量を上記の通り設定致しましたが、抽選に対する申込数量が少なかったため、抽選に付する数量を通常より減少させました」となっています。つまりグリーについては抽選参加数が少なかったので、裁量配分に大量にまわしたということのようです。
 一番右の裁量配分の一人あたり平均枚数は、なんと6.1枚です。1人で数枚当選されたというお話もありましたが、この数字が物語っていますね。公募3300円(=33万円)の6.1枚というと約201万円です。キャンセルのでやすい前金なしの野村HTで配分するより、懐具合がわかる確実な店頭のお得意様にまわすような配慮もあったのでは、と想像します。

■日興証券の配分
2位幹事のモルガン・スタンレーの配分詳細は記載なし、3番手の日興ですが全配分数は2178枚、うち個人向けが1516枚(69.6%)でした。このうち、完全抽選に回ったのは338枚(全体の15.5%)でした。完全抽選向けの比率の高さは相変わらず、店頭ではトップ級でしょう。 この数字を見てしまうと抽選派にとって、日興は、(資本関係はともかく)是非とも単独の看板を掲げて残って欲しい1社ですね。
※ちょっとわかりにくいのですが、上の表のピンクの部分は「個人向け配分数に対する抽選比率」で、文中の比率は「全配分数に対する抽選比率」となります。

■大和証券の配分
同じく3番手で全2178枚と日興と同数で、比較には好対照です。個人向けは1476枚(67.7%)と日興よりやや少ない程度ですが、完全抽選向けとなると238枚(10.9%) とはっきりした差がでています。だた表では割愛しましたが、大和は「完全抽選以外の抽選」という欄に80枚(3.6%)が記載されており、おそらくこれが、優遇倍率の「チャンス当選」にあたると思われます。
 
また大和・日興とも裁量では複数配分を行っていますが、その平均は1人あたり共に2.3枚でした。やはり野村の平均6.1枚の多さが印象に残る結果となりました。そして初値は、前評判をはね返す公募3300円→初値5000円、と好初値でした。余計なお世話ですが、平均6.1枚だと粗利で約103万円の初値利益となり、かなりおいしいIPOとなりましたね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スター為替株式会社
★「くりっく365」と「為替24」のW開設+初回取引でVISAギフト券を最大6万円分+当ブログ特典で3,000円分増額のプレゼント!さらにクーポン券やグルメギフト券など沢山の特典あり!  6/30日まで 
   


NEW   5 CFDならCMCMarkets:CFD口座開設+入金10万円だけで『ダイヤモンドZAI3ヶ月分』or『CFD書籍』等をもれなくプレゼント!
    矢印  左詳細はこちらに

【合併でIPOの申し込みは?】 オリックス証券に聞いてみました

   オリックス証券とジェット証券の合併

3月29日付けでオリックス証券ジェット証券は合併していますが、両社の口座開設者は、現在1社の中にオリックス口座と旧ジェット口座の2口座がある状態です。(以前のマネックス+ビーンズ統合の時も一時的に2口座状態がありました)

合併のお知らせにあったように、旧ジェットの口座番号を使ってオリックス証券の口座にログインすることができました。ログイン後の画面は普通のオリックス口座そのもの(当り前w)で、IPOのページも設けられています。このままIPOが出てくれば、申し込みできそうですが、1社2口座となるといろいろ不明な点もあるのでコールセンターで聞いてみました。

IPO申し込みの際、2口座からダブルBBできますか?
⇒ IPO申し込み(BB)自体は、2口座からできます。2口座からBBすることに何ら問題はありません。

その場合「名寄せ」等は行われる?
⇒ 公平性の観点から名寄せを行います。(ただし、システム的に完璧なやり方ではないのでもれる可能性があるかもしれない、とのことでした。)
⇒ また両口座でW当選は(恐らく)不可能らしい、もしWで当たっても片方ははじかれてしまうかもしれない、と言われました。

1社2口座状態はいつまで?
⇒ いずれ1つ(オリックス口座)に統合されますが、現時点では「何ヵ月後」というような見通しはたっていません。

といった感じで、どの程度の厳密さで名寄せが行われるかは、中の人もまだ把握しきってない様子でした。ただ2口座からBBすること自体は問題ないので、とりあえず2口座からW申し込みしてみる、当面はこんな方針で良さそうですね。
ご訪問ありがとうございます

アクセスランキングブログパーツ  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ



--------------------------

【メディアに掲載されました!】 



◆2016年 ダイヤモンド ZAi (ザイ) 2016年 07月号 [雑誌]に掲載
Yen SPA!2013年1/6号掲載
Yen SPA!2012年7/21号 掲載
メディア・雑誌 掲載履歴
◆2010年2月,一生不安なく暮らせるお金を今から作る! に掲載
◆2009年7月、BIG tomorrow 8月号に掲載されました!
◆2008年、週間SPAと¥enSPA! 10/19号に掲載!  
Categories
おトクな情報!
★★⇒ハピタス からの口座開設(証券・FX)がお得!超オススメ!★
   日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス 

★実際にチャレンジ&GETしてます!⇒ ★実践編〜FXキャンペーンで高額GET!
Recent Comments
Archives
お知らせ&プロフィール
◆お知らせ お断り
当サイトにはアフィリエイト広告が含まれています。
また掲載された内容については正確さを保証するものではありません。 投資判断を行う際は必ず自己責任でお願いします。 当ブログ内の情報によって生じた損害については一切の責任を負いませんので予めご了承願います。
※なお当選報告については、1部家族の当選分も掲載することがあります。

◆IPOストライカー プロフィール
2003年より専業トレーダーです。IPO,PO,株主優待をメインに、デイ・スイング&FXも手掛けています。
苦節10年を経て、2014年資産1.5億円、2017年末2憶円を達成しました。
管理人への連絡は、コチラのコメント欄へ。(個別の取引手法については、お答えできません)

取材依頼の方は、連絡先の記載頂かないと返信できません。(メアド等は公開されません)
QRコード
QRコード
おすすめの口座開設



人気 口座開設Ranking
★★★当Blog実績順★★
★★★★
岡三オンライン証券


★★★
   

★★★
   




獲得IPO
★2023年のIPO当選 

くすりの窓口  100株
ARアドバンスド100株
シーユーシー 600株
楽天銀行    2500株
住信SBI     100株(辞退)
カバー      600株
Arent      100株
プライム・スト 100株

............................................................
★2022年のIPO当選 


BTM      100株
αパーチェス 100株
GENOVA   100株
Rebase     100株
大栄環境   3000株
サイフューズ 100株
ギックス    100株

............................................................
★2021年のIPO当選 

Institution   400株
CS−C     100株
ハイブリッドT 200株
サクシード   100株
シンプレクス  200株
PAコンサル  200株
東海道リート  21口
セレンディプ  100株
Sharing Inno  100株
QDレーザー  200株

............................................................
★2020年のIPO当選 

クリングルF  100株
いつも      100株
ウェルスナビ  200株
オーケーエム 2●00株
クリーマ     200株
I-ne       100株
インタファク  100株
SUN*      100株
KIYOラーニ  100株
ロコガイド    200株
Macbee Planet ⇒辞退(T_T)

............................................................
★2019年のIPO当選 

global bridge 300株
JTOWER  800株
バイセルテクノ100株
JMDC    100株
SOSiLAリート 7●口
テクノフレック 100株
新日本製薬  1?00株
あさくま    100株
インフォネット 100株
SANSAN    200株
バルテス    100株
トビラシス   100株
ミンカブ     300株
国土開発    2●00株

............................................................
★2018年のIPO当選 

ソフトバンク 2000株
オーウエル  100株
アクセスG  100株
VALUENEX  100株
伊藤忠アドR 大量(T_T)
エクスモー  100株
MTG       100株
コーア商事  100株
メルカリ    400株
ラクスル   1800株
日総工産   複数
神戸天然   複数

............................................................
★2017年のIPO当選 

オプティマスG
オプトラン 800株 +71万
ジーニー     100株
イオレ       100株
SGHD      2100株
シルバーライフ ?00株
ウェルビー   1?00株
テックポイント  1?00株
ロードスターC 1?00株
クロスフォー  1000株
ジェイエスビー  200株
ソウルドアウト  300株
GameWith    100株
アセンティック  200株
力の源HD    100株
うるる       100株
ピーバンドットC 100株
レノバ       100株

............................................................
★2016年のIPO当選 

ATAO       100株
JR九州      4100株
チェンジ      100株
ノムラシステム  100株
三井不動産ロジP  7口
インソース     100株
LINE         600株
ジェイリース    100株
ホープ        100株
タカラレーベンインフラF   8口
エボラブルアジア  100株
PR TIMES     300株
フィット         100株
ラサール・ロジ    40口

............................................................
★2015年のIPO当選 

オープンドア   100株
ミズホメディ   100株
Wスタンダード  100株
インベスターC  100株
いちごホテルR  5口
郵政3社      複数
バルニバービ  300株
(ブランジタ)   購入忘れ
STUDIOUS   300株
イトクロ       100株
デクセリアルズ 100株
Jシニアリビング 10口
クレステック   100株
サムティ・レジ   1口
ナガオカ     100株
メニコン      300株
エコノス     100株
マーケットエンター   100株
Aiming     100株
ヘルスケア&メディカル 4口(+23.2万)
ケネ商業リート  16口(+54.2万)

............................................................
★2014年のIPO当選 

MRT      100株
データSEC   100株
イーレックス  100株
サイジニア   100株
gumi        300株
U-NEXT    100株(繰上)
SFP-D →  キャンセル
積水Hリート  26口
トーセイリート  2口
CRW・MW   200株 (+222万)
ヘルスケアR  5口  (+35万)
リクルート    4100株(+59万)
日本ビュー   100株
VOYAGE    100株
メドピア     100株
ニュートンFC  数百株
インベスコR   82口
東武住販     200株
白鳩        100株
サイバーダイン 100株
ホットマン    100株
JDI         9200株(-120万)
日立マクセル   200株  
ダイキョーN   100株(+1.9万)
エンバイオHD  200株(+18万)
アキュセラINC   200株(+10万)
ヒューリックR   115口(+161万)

............................................................
★2013年のIPO当選

足利HD       複数
アビスト        100株
シグマシス     100株
オウチーノ      100株
オンコリスバイオ
ライドオンEX    100株
アライドアーキ   100株
イオンリート    11口
ANAP       100株
エナリス       
オープンハウス  1000株超
夢展望        100株
サントリー食品   600株
ジェイエスエス   300株
横田製作所     100株
野村マスターF    91口
サンヨーホームズ  100株
タマホーム      100株
アサンテ       5000株超
鴻池運輸      100株
オルトプラス    100株
オイシックス    100株
ビューティガレ   100株
日本プロロジス   9口
メドレックス     200株
コンフォリア・レジ  3口
............................................................
★2012年のIPO当選

地盤ネット
グランディーズ
アジュバンコスメ
コロプラ
enish
テクノスJ
エストラスト
三洋貿易
JAL
ワイヤレスゲート   200株
モブキャスト     100株
アプロディア      2口
ケネディクス・レジ   6口
ベクトル        300株
MV九州       100株
............................................................
★2011年のIPO当選

ミサワ          300株
スターフライヤー    200株
ネクソン        700株
リブセンス       100株
イーブックイニシア  100株
日本管理センター  100株
KLAB         200株
DMP          100株
クロタニコーポ     100株
............................................................
★2010年のIPO当選

大塚HD       300株
ポーラHD      100株
アイケイケイ     200株
トータル・メディカル 100株
第一生命        30株
エスクリ        500株
アニコムHD     100株
(中国農業銀行)
............................................................
★2009年のIPO利益 52万

ヤーマン         200株
日本海洋掘削     200株
デ・ウエスタン研究所 200株
SHO-BI         300株
常和HD         200株
大研医器        100株

............................................................
★2008年のIPO利益 144万

paperboy & co.      100株
グリー           200株
メディサイエンスP   200株
データホライゾン    100株
サニーサイドアップ  100株
イデアインターナショナル 100株
プライムワークス      1株
アクセルマーク       1株
ネットイヤーG       3株
セブン銀行         2株
博展             1株
大西電気        100株

............................................................
★2007年のIPO利益 371万

ジャパン・ティッシュE
リンク&モチベーション
シナジーマーケティング
ユビキタス,ブロンコビリー
駐車場綜合開発,マネースクエア
山王、ナチュラム、ADワークス
チャイナボーチ(キャンセル)
サムティ,三ツ知,ナインユー(中止),UBIC,マネーパートナーズ
インフォテリア,カービュー,タケエイ
幼児活動研究会,シスウェーブ
やまねメディカル,イー・ギャランティ,ネクストジェン,コンテック,
Eキャッシュ、テイ・エス テック 
ストリーム、アサックス
野村不動産レジデンシャル
............................................................
★2006年のIPO利益 548万

WDI、ソースネクスト       
セントラル総合開発、東京1番フーズ
VSN,共英製鋼,アドバンテッジRM
平田機工,ライフフー,プロパスト
セルシス、ダスキン,Jプロジェクト
H&F、エレコム、アイレップ
アコーディア・ゴルフ、ネクスト
ファンドクリエ、アクロディア
SRIスポーツ、GCA、野村不動産
スターマイカ、ジェイエイシーJ
応用医学研究所、協和医科器械
日本和装H、イージーユーズ
ジェイアイエヌ、バリューコマース
バリオセキュア、NICオートテック
日本サードパーティ、OKウェイヴ
ファーマF、HIテクノロジー(中止)
アトリウム、ポラテクノ
クリエイト、高知銀行、フェリシモ
エスプール、岩井証券、ヒビノ
............................................................
★2005年のIPO利益 700万
            
日本オフィスS、グランディハウス
デリカフーズ、サーラ住宅、バルク、古河スカイ、ランドコム、アークコア、朝日工業
マルマン メディキット
ケネディックス投資法人     
アドバンスド・メディア     
リンクセオリー、セレブリックス、日本ロジスティクスF        
日本通信、共同PR
カブドットコム証券、チムニー   
テクマトリックス、NECリース  
............................................................
★2004年のIPO利益 577万  

チェルト、国際石油資源開発 
芙蓉総合リース
Eトレード(キャンセル) 
HS証券(キャンセル) 
キャリアデザイン、電源開発、和田興産、マリンポリス
三星食品、東京グロースリート 
タツモ、フジプレアム ウエスト 
ディップ、レイテックス、  
アーム電子、新生銀行、 
三井物産テレパーク
クリエイトSD、シーズクリエイト

※同居家族の当選分も一部含む
  • ライブドアブログ