IPO初値予想/分析 IPOストライカーの投資ブログ!

IPO(新規公開株)で通算利益4000万円を達成しました! IPO、FX、PO、株、株主優待などにチャレンジする株式投資ブログです!

⇒ PO投資 あれこれ

黒田バズーガ炸裂で、リートPOが一見は爆益 (; ̄Д ̄)  だが、しかし・・・・

    PO 森ヒルズリート チャート  マネックス証券 口座開設 IPO

【日銀】 黒田バズーガ炸裂で、リートPOが一見は爆益!だが、しかし・・・・・・・の続きを読む 続きを読む

進撃のIPO投資 [番外編] その2(PO&裏PO編)

PO(公募増資)投資のメリット デメリット    にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
IPO対策の店頭お付き合いとして最も一般的なものがPO(公募増資)でしょう。担当者の中には、投資信託等を勧めてくる人もいます。しかし投信は、高い販売手数料(ものによっては3%超)や、含み損でも毎年引かれる信託報酬など 証券会社側にメリットが多い商品です。その点POは、基本的には買う時は無料で売却時に1%前後の手数料がかかるだけです。(別途ヘッジを入れるならその手数料+金利もかかります)

★比較的リスクが少ない
IPO公募のように、機械的な初値売りでほぼ儲かるというわけにはいきませんが、例えば東証1部大型PO貸借銘柄であれば、勝率はまずまず優位になります。以前は値決め前にヘッジ売りができたので、鉄板に近い勝率でしたが、規制で今は値決め後にしかヘッジ売りができません。
また、安定操作という名の公的な買い支え策が許されている(一定期間)ので、下ブレリスクが少なくなります。

★利益率は低いが大きなロットを入れることができる
東証1部のメジャー銘柄であればほぼ約3%の値引き、リートにいたってはわずか2〜2.5%の値引きとなります。手数料等の諸経費を引いて、2〜3%程度の利益を目指すのが基本です。ただ上記のように大型優良案件であれば、値動きは比較的安定感があります。1000億円級以上の超大型案件ともなれば、1支店あたりの割当ても多く、資金さえあれば大量配分を受けることも可能です。

留意点
高額逆日歩リスク
売り禁リスク、安定操作中の最下限張り付きリスク(極端に地合いが悪い時)などがあります。IPOの公募は、当選したら上場日をぼーと待っていればいいのですが、POは信用の取組み状況などをしっかり監視する必要があります。状況次第でヘッジ売りを入れたり、両建て(売り禁対策)など臨機応変な対応を要求されます。

※また今年の春ごろのようにPO人気が極端に高い時期だと、PO配分自体がプレミアムとなり、お付き合い効果はほとんど期待できません。
--------------------------------------------------------------------
⇒ 岡三オンライン証券 IPOの取り扱いについて(電話で確認しました)
       岡三オンライン証券,いよいよIPO取扱い開始!
--------------------------------------------------------------------

非公開案件のブロックオファー、マーケットオファーとは?  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
 ブッロク・オファー=区切られた・提案という意味。POのように公開されず、一部の顧客のみに電話連絡がある、非公開の売出案件です。規模はPOよりかなり小さく、幹事はほぼ1社のみ。名称は、ブロックオファーが日興、マーケットオファーが野村で、それ以外の他社はわかりません。

なぜかここ2週間くらい多く、リプロセル、日本新薬、日本トリム、富士電機などがブロックオファーを実施しました。Nさんは連絡がなく日興分しかわかりませんが、値引きは基本1%と低く、ボラの高いリプロセルですら2%でした。
     ブロックオファー マーケットオファー  

特長はそのスピーディさで、例えば今日の午前11時に電話がありそのまま申込み、そして引け後に値決めで、3時半〜4時までに配分まで確定します。よって現金余力があることが前提で、数百万〜1000万以上の現金余力があり担当氏に言っておけば、案件が出た時連絡をくれると思います。

留意点
こちらは基本1%の値引きなので、例えば今晩のNY市場がある程度下げると1%程度は簡単に吹っ飛んでしまいます。このせいか、個人の人気はPOに比べ今イチのようです。
ただ、配分の翌日から売れるので、POのように逆日歩や売り禁など面倒なことはほぼ関係なし。最短1泊2日で白黒が付く、超短期完結型の取引になります。

ブロガーのシステム情報の抽選結果は? ⇒ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【IPO初心者向け】 まず開設すべき口座とは? 管理人オススメ!
マネックス証券 抽選倍率が高まれば高まるほど光るのが、マネックス証券の「完全平等抽選ルール」です。残高や取引量も一切関係なく、全員平等に「1人1回クジを引く」方式の抽選ルール
      

SMBC日興証券 4大証券の1つなので主幹事IPO(リプロセル・オークファン等)が多く、主幹事以外でもネットから申込みできるIPOが非常に多いのが特長。大化けIPOのリプロセルでもかなりのネット当選者がでていました。

SBI証券 完全抽選比率が高いネット証券で、唯一主幹事IPOが多数あります。BBでは何といっても割当株数が多い主幹事を最優先すべき!平幹事含めたIPO取扱いの多さも毎年TOP級です 

ライツ・イシュー第2弾が登場していますが、、、

------------------------------------------------------------------------------
ADワークスが選択した理由は ライツイシュー第2弾登場
 
にほんブログ村 株ブログ PO・公募増資株へ
新たな増資手法として脚光を浴びる「ライツイシュー(株主割当増資)」。一昨年のタカラレーベンに続く第2弾として、1日にADワークス(3250・JQ)が実施を発表し、注目を集めている。欧州では、この方式の増資が一般的とされるが、この先、日本でも本格普及期入りとなるのかどうか。水面下では、東証なども規制緩和に向けた取り組みを続けており、環境も着実に整いつつあるようだ。

ライツイシューとは、「一定の価格で新株を買い付ける権利」(新株予約権)を株主に無償で割り当てるもの。既存株主が権利行使して、資金を払い込むことを前提とした資金調達手法だ。公募増資や第三者割当増資のようなダイリューション(株式希薄化)を伴わないことが利点とされる。また、新株予約権自体を上場することで、増資に応じない株主は流通市場で新株予約権を売却できる(親株市場との裁定取引なども可能になる)ことにも特色がある(ADワークスの新株予約権は、10月17日にJASDAQ上場予定)。               【日本証券新聞 10月3日 NSJコラム より抜粋】

【本日上場!】 IPO 日本コンセプト,初値は小幅公募割れ
------------------------------------------------------------------------------

【SBI証券】IPO主幹事多数!最大で18,300円プレゼント実施中!(10/31日まで)
     SBI証券  口座開設キャンペーン  口座開設はコチラから


ライツ・イシューといえば、「海外ではメジャーな増資手法」「希薄化を伴わない」などのフレーズばかり先行した感がありました。話題性はありましたが、一昨年のタカラレーベンのあとは休止状態でした。通常の公募増資に比べ、仕組みが複雑でわかりにくい点、発表から実施(権利行使期限)まで、2〜3カ月と長い点、日本独自の規制がある点など、制度的に煮詰まっていない部分も多いようです。

このところ川崎汽船、ANA、ユニーなどの公募増資が、立て続けにさえない結果となったので、またライツイシューがでてきたのでしょうか。

3250 ADワークス:上場型新株予約権の無償割当の日程(予定)〜松井証券HPより
   ライツイシュー ADワークス 

  ブログランキング・にほんブログ村へ       ⇒ にほんブログ村・IPOへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【マネックス証券】 最大39000円プレゼント!10月31日まで!

期間中マネックス証券に証券総合取引口座を開設いただき、各種お取引などをしていただくと、
 39,000円をプレゼント!    マネックス証券
   マネックス証券 口座開設キャンペーン
    IPOは完全平等抽選です。資金量に左右されません!

【G20サミットで】 三菱・三井住友・みずほグループに 資本増強規制

--------------------------------------------------------------------------------
大手金融3グループ 資本増強規制

  【NHKニュス  2011年11月5日】    ⇒ にほんブログ村・IPOへ  

4日までフランスのカンヌで開かれていたG20サミットで、金融危機の再発を防ぐため、世界的に規模が大きい29の金融機関に資本の増強を迫る特別な規制を適用することが決まり、日本では3つの大手金融グループが対象になりました。

新たな規制は、3年前のアメリカの大手証券会社「リーマン・ブラザーズ」の破綻がきっかけになって金融危機が世界に広がったことを教訓に、規模の大きい金融機関の経営が簡単に揺らぐことがないよう資本の増強を迫るものです。

G20サミットで、各国の首脳は規制の導入で合意し、世界の29の金融機関が対象になりました。日本では、「三菱UFJフィナンシャル・グループ」「みずほフィナンシャルグループ」「三井住友フィナンシャルグループ」の3つの大手金融グループが対象になりました。こうした金融機関は、その規模に応じて、5年後の2016年から2019年までの間に、経営体力を示す「自己資本比率」を一般の銀行より1ポイントから2.5ポイント余分に高くするよう求められます。このため日本の3つの大手金融グループは、今後、毎年の利益を自己資本に積み上げることで規制に対応していく方針で、3つのグループは収益力を高め経営をより盤石にすることが求められます。
--------------------------------------------------------------------------------

    

3行とも複数回のPOを実施済みで、すぐに追加POとは考えにくいですが、PO疑惑(希薄化懸念)が今後もつきまとうことになり株価の重しとなりそうです。
また、モルガンの予想リポートでは、含まれていた野村HDは、今回規制対象となりませんでした

◆ IPO グルーポンがナスダック上場、初値好発進!   ⇒ にほんブログ村・IPOへ
昨晩IPOした米グルーポンは、公開価格の20ドルを大きく上回って取引され、一時31.14ドルまで上昇し終値は26.11ドルでした。

これでグルーポン創業者CEOの アンドリュー・メイソン氏 は、ビリオネア(10億ドル長者)の仲間入り。あの「おせち事件」で名をはせたグルーポンですが、その時価総額は、日本のソニー京セラに匹敵するそうです。

     にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ               ⇒ にほんブログ村・IPOへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エース交易・エースCX 4000円(最大15000円分)ギフト券プレゼント
       エース交易 キャンペーン CX ギフト券

 【キャンペーンA】初回入金50万円以上で口座を開設し、1ヶ月以内に金または白金1枚以上 お取引された方に4,000円分のギフト券をプレゼント。  エース交易株式会社[LETACE]
【キャンペーンB】初回入金200万円以上で口座開設をし1ヶ月以内に金または白金20枚以上お取引された方には、15,000円分のギフト券をプレゼント。

  エース交易株式会社[LETACE] 矢印  左開設はこちらから、11/15日まで!

期間が『11/1〜11/15日まで』と非常に短くなっています、お早めにどうぞ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今なら「ローソンお買い物券」500円分を『100円』で購入できます!
 (期間限定・売り切れ必至です)
   \最大99%OFF/割引チケットのポンパレ

   矢印  左メール登録だけでも500円分ポンバレギフト券もらえます!

【POの噂?】 増資リスクのある銘柄〜メリルリンチレポートより

---------------------------------------------------------------------------
メリルリンチのリスト(PO/増資リスクのある)銘柄が話題
   【日本証券新聞 9月2日 8:30】   ⇒ にほんブログ村・IPOへ

メリルリンチ日本証券の8月31日付ストラテジーレポート(前出のレポートとは別)では、2つの基準から「増資リスクのある銘柄」をスクリーニングしている。ともに株主資本比率が低い銘柄で、(1)東日本大震災の被害が大きい (2)12年末までにCB(転換社債)の償還予定がある――が基準。「復旧」と「借り換え」という、あまり戦略的ではない分野に多額の資金を投じる必要があるわけだ。


★(1)の中でも株主資本比率の低い銘柄は         にほんブログ村 株ブログ PO・公募増資株へ
  日本水産(1332)、マルハニチロ(1334)、コスモ石油(5007)、
  三菱マテリアル(5711)、IHI(7013)


★(2)では、
  共立メンテナンス(9616)、岩谷産業(8088)、東洋紡(3101)、
   名鉄(9048)、平和不動産(8803)、日立造船(7004)


★(1)と(2)ともに名を連ねるのは
  三菱ケミカルHD(4188)

メリルリンチ日本証券レポートでは、「毎年秋にかけて増資が増える季節性」や、「収益悪化に苦しむ投資銀行が企業に増資を呼びかけている観測」も紹介しており、これらの銘柄には今後、警戒ムードが高まることも十分想定されてくる。腕に覚えのある向きなら、この先、信用取引のカラ売りにも狙い目が訪れそう。10月21日のCB償還日に700億円全額の償還資金が必要となる三菱ケミカルHDや、依然、長期下落トレンドの続く平和不動産。あるいは、津波で水産・食品工場に大きな被害を受けたとされるマルハニチロあたりが対象となりそうだ。(A)
----------------------------------------------------------------------------


 この手の予想はなかなか難しい面もありますが、三菱ケミカルHDは、⇒以前の記事 でも候補に上がっていた常連?銘柄。今回は資本の厚みも足りないということですから、何かしらの資本増強が必要と推測されやすいようですね。
共立メンテは優待保有銘柄なので、できればPOは回避して欲しいところ。

     にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ               ⇒ にほんブログ村・IPOへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NEW   5 口座開設+1回取引で現金3,000円プレゼント!
       ドットコモディティ 口座開設 キャンペーン
     楽天と松井証券の共同出資で誕生したオンライン専業先物取引会社

口座開設+新規入金30万円以上+1回以上をお取引したお客様のうち、指定のフォームより申請された方全員 (9月30日まで)
        矢印  左口座開設はコチラから、9/30日まで
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当ブログ一番人気です!KAKAKUFX 新5000円キャッシュバック! 9/30日まで

    KAKAKUFX キャンペーン 5000円プレゼント 業界最高水準の取引環境。「kakaku FX」

【PO】 『新空売り規制』 の実施は おそらく12月1日からのようです

コメント欄よりM様に教えていただきました。

公募増資の際の「空売り規制」について、具体的な実施時期がはっきりしない状態でしたが、ご教授いただいた金融庁HP内の発表(8月26日付・下に抜粋)によれば、今年の12月1日よりの実施 となるようです。   ⇒ にほんブログ村・IPOへ

------------------------------------------------------------------------------
「金融商品取引法施行令の一部を改正する政令(案)」等に対するパブリックコメント
  の結果等について (平成23年8月26日 金融庁)


   PO 空売り規制

※詳細は金融庁の以下のページをご参照下さい。
    http://www.fsa.go.jp/news/23/syouken/20110826-1.html

------------------------------------------------------------------------------

某証券の担当に聞いても、詳しくは知らないようでしたし、日経にも「秋ごろから実施」程度にしか書かれていませんでした。

まだ、「複数証券でBBした場合のチェックはどうなるか?」など不明な部分も残りますが、とりあえず、当面のPOは今までどおりの申込みで問題ないと思われます。M様、貴重な情報をありがとうございました。

        にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ           ⇒ にほんブログ村・IPOへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
外為オンライン   取引1回で5000円!
★【外為オンライン新規口座開設+入金10万円以上、そして取引1回以上でもれなく5000円プレゼント!
FX取引高でNo1の大手業者さんです。
   外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
  外為オンライン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当ブログ一番人気です!KAKAKUFX 新5000円キャッシュバック! 9/30日まで

    KAKAKUFX キャンペーン 5000円プレゼント 業界最高水準の取引環境。「kakaku FX」

金融庁&東証、公募増資よりライツ・イシューを促進!?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株主割当増資を促進、金融庁、株価下落圧力小さく-米の財務諸表不要
    
 【日本経済新聞 朝刊 2011/08/23 】

企業の負担軽減   ⇒ にほんブログ村・IPOへ
金融庁は、ライツ・イシューと呼ばれる資金調達手法の利用促進に向け、年内をメドに規制を緩めるライツ・イシューは既存の全株主に時価より安く新株を買う権利(新株予約権)を無償で割り当てるもので、株価下落圧力が小さい増資手法として注目を集めている。ただ、米国法に基づく財務諸表の提出が必要なことが多く、普及の妨げとなってきた。この提出をしなくても済むようにして、企業の機動的な資金調達を後押しするのが規制緩和の内容だ。

増資の手法として、日本では時価を基準に市場から資金調達できる公募増資が主流。ただ、株式数の増加で1株当たり利益が減るほか、出資持ち分も低下する。株価の下げ圧力が強まりやすい

これに対して、ライツ・イシューは1株当たり利益は減るが、割り当てに応じれば、出資持ち分を維持できる。既存株主の利益は公募増資に比べて害されにくく、株価下落圧力を和らげる効果が期待できる。リーマン・ショック後の日本企業の増資ラッシュでは株価が大きく下がり、外国人株主を中心にライツ・イシューの利用を求める声が強まっていた

ただ、米国株主が10%以上いる場合は、日本企業であっても米証券取引委員会(SEC)の規制が適用され、目論見書や決算書などをSECに登録し、増資後も継続的に開示する必要が出てくる。実務負担が大幅に重くなり、日本企業が米国を含めた国際市場でライツ・イシューを使った資金調達をする場合の大きな壁となっていた。

そこで金融庁は、資金調達目的のライツ・イシューに限り、米国に居住する株主に新株予約権を割り当てても、行使しないよう制限することを認める。こうすれば、米国法に基づく財務諸表の提出などをしなくて済むようになるからだ。
 同庁は専門家や法務省などとも協議。(1)企業防衛のためではなく資金調達の必要性に基づくものである点を明確に説明する(2)新株予約権などを取引所市場に上場させ、外国人株主が換金できる場を整える――の2条件を満たす場合に、行使制限をしても、日本の会社法上は問題ないことを明示する。
 
今後、東京証券取引所と日本証券業協会が年内に具体的な上場規則などをまとめる。ライツ・イシューにおける米国株主の権利行使制限は欧州でも同種の対応を取っている。

金融庁はこれまでもライツ・イシューの利用を促すために規制緩和を進めてきたが、国際市場で資金調達をする場合には米規制が障壁となっていた。事業会社のほか国際的な自己資本規制強化の動きに伴い金融機関による増資ニーズもあると考えられ、資金調達の選択肢を増やす考えだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


他ブロガー様の記事にもありましたが、再び金融庁はライツ・イシュー(株主割当増資)を促進するようです。1年以上前にも同じことをしていますが、笛吹けど踊らずで、ライツ・イシューによる増資はほとんど盛り上がらずでした。 ⇒ にほんブログ村・IPOへ

ただ今回は、「外国人株主を中心にライツ・イシューの利用を求める声が強まっていた」とのこと。PO新空売り規制・FX規制などを見ても、個人投資家の意見にはほとんど耳を貸さない金融庁&東証ですが、売買シェアの高い「外国人の要望」となると、少しは本腰を入れるかもしれませんね。

空売り規制導入機関投資家への配分UP、そして今回ライツ・イシュー促進・・・・。今までのPO投資法が簡単にいかなくなることだけは間違いないようです。

       にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ             ⇒ にほんブログ村・IPOへ
-----------------------------------------------------------------------------

NEW   5 【5000円もらえます!:開設+入金10万円+取引5回×往復】
     現金5,000円がもらえる
kakaku FXの口座開設と取引が完了!


      KAKAKUFX キャンペーン 口座開設

口座開設は、実質約3日ほどで完了しました。あとは5回×往復の取引をすれば、5000円GETです。ただ、セキュリティ重視なのか、認証キーの登録等をしてから取引可能となります。入金はクイック入金に対応しており手数料はかかりません。(JNB・三井住友・みずほ・三菱UFJ等) ・・・・そして取引も完了しました。

        KAKAKUFX キャンペーン 5000円プレゼント  kakaku FX【9月30日まで】

 ★口座開設料、維持管理料ともに無料。クイック入金対応で、入金手数料も無料です。
 ★身分証明書のデジカメ(携帯カメラ)写真を用意しておくと申込みがスムースです。


新規口座開設+10回以上の取引(新規・決済含む)かつ判定日に10万円以上の口座残高で現金5000円プレゼント!(9月30日まで)
          矢印  左9月30日まで!一番人気!

取引10回は5回×往復でOK!入金(残高)10万円と良心的、オススメ!KAKAKUFXは、あのカカクコムの全額出資子会社です。

【POの噂】 公募増資、ファイナンスの可能性?

CB償還接近企業にファイナンスの可能性  にほんブログ村 株ブログ PO・公募増資株へ
下の表は今月20日の日本証券新聞の記事にあった「今後1年の間にCB償還を迎える株主資本比率が低い企業」一覧です。(元ネタはメリルリンチ日本証券のレポート)  CB償還の資金需要という観点から、ファイナンスの可能性を指摘しています。(現実にいつでてくるのかを含め判断は難しい面もあります、ご参考までに)

      PO   公募増資   噂

★東レ(3402)      ⇒ にほんブログ村・IPOへ
昨年6月に公募増資を実施済み。「資金需給には余裕があり、再度のエクイティファイナンスはない」(東レ・広報室)と否定。

★三菱ケミカル(4188)  
「10月のCB償還資金の手当てについては、借り換えや増資なども含め、いくつかの選択肢がある。業績面などを見極めながら現在検討中だ。来月か再来月には結論が出ると思う」(三菱ケミカル・広報担当者)とコメント。ファイナンスの可能性は残る。(野村主導のファイナンス計画?)

★荏原(6361)  
発行額200億円が未転換のまま残っているが、「前3月期末の現預金および有価証券残高は1040億円。キャッシュ・フローと手元現預金を見ながら判断する方針」(荏原・広報担当者)とのこと。増資はなさそうなムードも? 他銘柄とは異なり、転換価格に届きそうな株価水準にある。向こう2 カ月で“転換促進”相場めいた思惑も。

★双日(2768) 
今回の記事には登場しませんでしたが、以前からファイナンスの噂が絶えません。今年4月28日に、発行可能な株式総数を13億4900万株から25億株に拡大済み。社長もファイナンスについて「現在の株価や収益の状態ではおこがましいが、準備だけはしておく」と述べています。2003年には発行株式数が2.7倍にも膨らむという怒涛のMSCBを発行しており、平気で超大型ファイナンスをやる印象のある会社でもあります。

      にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ            ⇒ にほんブログ村・IPOへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【エース365】3000円相当のカタログギフトもらえます!10万円入金+取引1回でOK!
      エース365 カタログギフト プレゼント
開設+初回入金10万円+取引1回で3000円相当のカタログギフトプレゼント!
        エース交易 矢印  左8/1日よりスタート!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
開設+1回取引で、もれなく5000円プレゼント! 
   外国為替証拠金取引なら外為オンライン(好評継続中)

【PO 空売り規制】 個人投資家には不満の声も、「不公平助長」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
増資銘柄の不正取引規制性 今秋導入で市場浄化期待
  短期筋には不評の声も「不公平助長」の可能
    
  【日本証券新聞  NSJコラム6月21日 】  ⇒ブログ村PO・公募増資株へ

公募増資に伴う不公正取引防止に向けた取り組みが進展中だ。3月震災後のエクイティファイナンス急減を受けて、市場の関心はやや薄れていたものの、「金融庁が今週にも新規制を導入する方針を固めた」との一部報道が注目を集めている。

大型増資ラッシュに沸いた昨年には、8月の国際石油帝石や10月の東電、相鉄HDなど多くの銘柄で、(1)増資発表前の不自然な株価下落(インサイダー取引疑惑)と(2)発表後の売り崩しめいた動き(相場操縦疑惑)が指摘されたものだ。今回は(2)を対象とし、公募増資発表翌日から発行価格が決まるまでに空売りした投資家による増資新株取得を禁止するもよう。

(中略)・・・・市場では総じて歓迎の声が聞かれた。もちろん、発表前の空売りの方が「はるかに問題あり」(市場関係者)との声も少なくはないが、一歩前進との受け止め方だ。
ちばぎんアセットマネジメント・奥村義弘調査部長も「東京市場の現状を踏まえれば、『これをもって相場の刺激材料になる』というようなことは言えないが、不透明な取引が抑制されるのは、好ましい動きであることは間違いない」などと指摘していた。

ただし、デイトレーダーなど、短期売買を得意とする個人投資家の間には不満も生じている様子。増資銘柄の多くで、発表直後に売り残が増加するなど、増資銘柄の信用売りは、いわば個人ご用達の投資手法の1つでもあったためだ。

また、こうした「売買の機会が減少する」という点のほかにも、「証券自己や機関投資家などとの/b>不公平感」を唱える声も聞かれる。
というのは、(空売りを利用せずに)以前から保有している現物株を増資発表後に売却して、増資新株で補充するという手法が使えるため。また、例えば、日経平均採用銘柄の増資であれば、「当該銘柄を除いた224銘柄を買うと同時に先物を売り建てる」ことによって、実質的に「空売り」と同じポジションを作ることも可能と見られるためだ。

規制当局には、今後の新規制措置発表・実施に向けて、極力、こうした不公平感の生じないスキームとしてもらいたいものだ。そして、市場の透明性向上に向けては、これまで以上にインサイダー取引の取り締まり強化を望みたい。(A)
矢印  右【枚数限定!】Quoカード500円分を100円でGET!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


PO発表以前のインサイダー取引(空売り)」こそが最大の問題なのに、PO発表後の空売りだけを規制しても効果は薄いでしょう。この点は、すでに沢山の方が指摘していますね。

また、上の記事にもあるように機関などの大口投資家は、「空売り」というシステムを使わず、実質的に空売りと同等のポジションをつくることができるようです。規制の内容だけを見れば、実質的に「個人のPO投資手法(空売り+PO配分)」を狙い打ちにしたような格好になっています。

個人と大口(大人)の格差を今さら嘆いてもどうにもなりませんが、初めて「フル板」をみた時は本当に衝撃的でした。個人がせいぜい5〜8本の板をみて戦っていたのに、大人は全てが丸見え状態。これでは、大人からみれば赤子の手をひねるようなものだったのでは。

話がそれましたが、POなどのインサイダー対策で最も効果があるのは「手口の公開」の復活だそうです。某解説者の受け売りですが、確かに抜け道だらけの規制をつくるより、売買動向をガラス張りにするほうが、悪いことを企んでいる方々には脅威になるでしょう。(そもそも手口が非公開となったのは、大口の要望に東証などが応じたためです)

あともう1つ、これも受け売りですが、国際帝石や東電のPOどころか、中小型POまで怪しい売買は多々ありました。PO発表日の貸借速報を見たら、売り残急増!なんてことはいくらでもありました。これらを小さいものでも調査し、徹底的に摘発することです。騒ぐ割にPOインサイダーの摘発の記事はあまり見かけません。もし徹底的な摘発がなされれば、大きな抑止力になると思われます。

新空売り規制でPO投資はどうなる?

まだ、一部の報道しかなされおらず、公的な発表があるまで不明瞭な面は残されています。一部日経新聞より引用し、今後のPOがどうなるか考えてみました。
実践面での最大の焦点はツナギ売りタイミングの後ズレです。

そこで金融庁は新規制のひとつとして、企業が公募増資を発表した翌日から発行価格が決まるまでに空売りをした投資家が、増資新株を取得することを禁止する。
取得した場合は金融商品取引法違反として30万円以下の過料を科す。個人投資家も対象になる。
(6/18日付け 日本経済新聞 より一部引用) 


この文言どおりにとれば、PO配分を受ける場合は「翌日から価格決定日」まで空売り(ツナギ売り)できないことになります。値決め日翌日以降はOKと取れますが、当然翌日は、空売りが殺到し 大幅売り気配で始まる可能性もあります。

PO投資の場合、日程経過に伴う法則性がある値動き・需給パターンがある程度存在します。これらの一連のパターンが大きく変わる可能性があります。

  ・翌日から価格決定日まで断続的にでていたツナギ売りがなくなる。
  ・その分値決め日の翌日にツナギ売りがどっと集中してしまう。
  ・値決め日前に売り禁は少なくなる。 


また想像に過ぎませんが、今までは値決め前に断続的にツナギ売りが入ることで、十分株価が下がっていました。しかし、値決め前の売り圧力が減ることで十分値がこなれないままPO価格決定に至る可能性がでてきます。(発行会社にとっては高いPO価格はおいしいでしょうが)

  【現状】  (ツナギ売り圧力)→値決め→受渡し
  【規制後】  値決め→(ツナギ売り圧力)→受渡し 


今まで分散していたツナギ売り圧力が、値決め日翌日に集中することで、従来の3%弱の利ざやが縮小する可能性があるかもしれませんね。

先ほど出先から戻り、日経記事を見て驚いた次第です。ぱっと見で書いた部分もあり、的はずれ、まとまりの悪い文章等 ご容赦を下さい。新しいニュース等でればまた追記します。

------------------------------------------------------------------------------
【追記】
そして売買状況のチェック体制ですが、例えば、現在の51単位規制では、複数の証券会社をまたいでの注文は、たぶん実質おとがめ無しだと思います。
それに対し、今回の規制では以下のように記されています。どの程度システムが整っているのかわかりませんが、複数証券会社での取引のチェックも念頭に追いています。

さらに、売買を取り次ぐ証券会社にも、売買情報の管理の強化を求める。不正な利益を求める投資家は、空売りと新株購入を別々の証券会社で行うことが考えられる。証券各社に公募増資の際の顧客の売買情報について、証券取引等監視委員会などに情報提供できるような体制を整備するよう求める。 (6/18日付け 日本経済新聞より一部引用) 

     にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ                    ⇒ にほんブログ村・IPOへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
キャンペーン 延長!CMC タイアップ!アマゾンギフト券2000円分プレゼント

   CMC アマゾンギフト券プレゼント! CMC Markets Japan  

口座開設+入金10万円+取引1回で2000円分アマゾンギフト券もれなくプレゼント!

    CMC Markets 矢印  左延長!6/30日まで 開設はコチラから
ご訪問ありがとうございます

招猫回転招猫回転招猫回転
アクセスランキングブログパーツ  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

NYダウ平均株価

--------------------------

【メディアに掲載されました!】 


◆2016年 ダイヤモンド ZAi (ザイ) 2016年 07月号 [雑誌]に掲載
Yen SPA!2013年1/6号掲載
Yen SPA!2012年7/21号 掲載
メディア・雑誌 掲載履歴
◆2010年2月,一生不安なく暮らせるお金を今から作る! に掲載
◆2009年7月、BIG tomorrow 8月号に掲載されました!
◆2008年、週間SPAと¥enSPA! 10/19号に掲載!  
Categories
おトクな情報!
★★⇒ハピタス からの口座開設(証券・FX)がお得!超オススメ!★
   日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス 

★実際にチャレンジ&GETしてます!⇒ ★実践編〜FXキャンペーンで高額GET!
逆アクセスランキング
Recent Comments
FXレート&指標



Archives
お知らせ&プロフィール
◆お知らせ お断り
掲載された内容については正確さを保証するものではありません。 投資判断を行う際は必ず自己責任でお願いします。 当ブログ内の情報によって生じた損害については一切の責任を負いませんので予めご了承願います。
※なお当選報告については、1部家族の当選分も掲載することがあります。

◆IPOストライカー プロフィール
2003年より専業トレーダーです。IPO,PO,株主優待をメインに、デイ・スイング&FXも手掛けています。
苦節10年を経て、2014年資産1.5億円を達成しました。
管理人への連絡は、コチラのコメント欄へ。(個別の取引手法については、お答えできません)

取材依頼の方は、連絡先の記載頂かないと返信できません。(メアド等は公開されません)
QRコード
QRコード
おすすめの口座開設

人気 口座開設Ranking
★★★当Blog実績順★★
★★★★ ★口座開設でもれなく5000円プレゼント!

   

★★★★ ★口座開設でキャッシュバック!マネックス証券
   
⇒ マネックス証券のIPO!4つのオススメ理由とは?

★★★ SMBC日興証券
☆IPO取扱い多数の大手証券
   
★★★ ☆GMOグループのIPO取扱いに期待!⇒ GMOクリック証券
   

★★★ ★IPOはもちろん株主優待も!
   

★★★ ★昨年末よりIPO取扱い開始!現在IPO取扱いを強化中!
   

★★ 2ヶ月間株式手数料が無料!マルサントレード
    

★★ 穴場感強い!IPO幹事あり!
    



にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村 株ブログ PO・公募増資株へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ  

■高額キャンペーン実施会社



 

 
口座開設 ★ 豪華プレゼント
注目の口座開設


SMBC日興証券
  NEW  3
IPOのネット取扱い実績多数!ネットからのIPO申込みは抽選であるため、誰でもチャンスがあります。リプロセルやオークファンの当選者も輩出!IPO LINEの正規幹事でもあります!
⇒日興証券IPOの抽選と特長

   


《むさし証券トレジャーネット》
まだまだ口座数が少なくIPOでは穴場的証券です。郵政IPOで正規幹事。

何回取引しても手数料0円!ライブスター証券  
口座開設で株式手数料が(信用・現物・先物まで!)約2ヶ月間無料になります。2017年3月31日まで。

お勧め!FX口座

ヒロセ通商 LIONFX
うまいもん&10000円プレ

毎月うまいモン系キャンペーン+新規開設は10000円プレゼント!
  


マネーパートナーズ 
マネパはすべらない! 各種キャッシュバック&プレゼント多数!

  

外国為替証拠金取引なら外為オンライン (※当面期限なし)
好評につき延長!口座開設+入金10万+取引1回で5000円プレゼント!★おすすめ★


いろいろプレゼント


MATRIX TRADER (JFX)
最大10000円キャッシュバック&グルメプレゼントも!

FX24【インヴァスト証券】 
FX口座開設だけで千円分のクオカードを全プレ!さらに最大3万円分ゲット可能
獲得IPO
 ⇒ IPOゲット履歴&利益

★2017年のIPO当選 


アセンティック  200株
力の源HD    100株
うるる       100株
ピーバンドットC 100株
レノバ       100株

............................................................
★2016年のIPO当選 

ATAO       100株
JR九州      4100株
チェンジ      100株
ノムラシステム  100株
三井不動産ロジP  7口
インソース     100株
LINE         600株
ジェイリース    100株
ホープ        100株
タカラレーベンインフラF   8口
エボラブルアジア  100株
PR TIMES     300株
フィット         100株
ラサール・ロジ    40口

............................................................
★2015年のIPO当選 

オープンドア   100株
ミズホメディ   100株
Wスタンダード  100株
インベスターC  100株
いちごホテルR  5口
郵政3社      複数
バルニバービ  300株
(ブランジタ)   購入忘れ
STUDIOUS   300株
イトクロ       100株
デクセリアルズ 100株
Jシニアリビング 10口
クレステック   100株
サムティ・レジ   1口
ナガオカ     100株
メニコン      300株
エコノス     100株
マーケットエンター   100株
Aiming     100株
ヘルスケア&メディカル 4口(+23.2万)
ケネ商業リート  16口(+54.2万)
............................................................
★2014年のIPO当選 

MRT      100株
データSEC   100株
イーレックス  100株
サイジニア   100株
gumi        300株
U-NEXT    100株(繰上)
SFP-D →  キャンセル
積水Hリート  26口
トーセイリート  2口
CRW・MW   200株 (+222万)
ヘルスケアR  5口  (+35万)
リクルート    4100株(+59万)
日本ビュー   100株
VOYAGE    100株
メドピア     100株
ニュートンFC  数百株
インベスコR   82口
東武住販     200株
白鳩        100株
サイバーダイン 100株
ホットマン    100株
JDI         9200株(-120万)
日立マクセル   200株  
ダイキョーN   100株(+1.9万)
エンバイオHD  200株(+18万)
アキュセラINC   200株(+10万)
ヒューリックR   115口(+161万)

............................................................
★2013年のIPO当選

足利HD       複数
アビスト        100株
シグマシス     100株
オウチーノ      100株
オンコリスバイオ
ライドオンEX    100株
アライドアーキ   100株
イオンリート    11口
ANAP       100株
エナリス       
オープンハウス  1000株超
夢展望        100株
サントリー食品   600株
ジェイエスエス   300株
横田製作所     100株
野村マスターF    91口
サンヨーホームズ  100株
タマホーム      100株
アサンテ       5000株超
鴻池運輸      100株
オルトプラス    100株
オイシックス    100株
ビューティガレ   100株
日本プロロジス   9口
メドレックス     200株
コンフォリア・レジ  3口
............................................................
★2012年のIPO当選

地盤ネット
グランディーズ
アジュバンコスメ
コロプラ
enish
テクノスJ
エストラスト
三洋貿易
JAL
ワイヤレスゲート   200株
モブキャスト     100株
アプロディア      2口
ケネディクス・レジ   6口
ベクトル        300株
MV九州       100株
............................................................
★2011年のIPO当選

ミサワ          300株
スターフライヤー    200株
ネクソン        700株
リブセンス       100株
イーブックイニシア  100株
日本管理センター  100株
KLAB         200株
DMP          100株
クロタニコーポ     100株
............................................................
★2010年のIPO当選

大塚HD       300株
ポーラHD      100株
アイケイケイ     200株
トータル・メディカル 100株
第一生命        30株
エスクリ        500株
アニコムHD     100株
(中国農業銀行)
............................................................
★2009年のIPO利益 52万

ヤーマン         200株
日本海洋掘削     200株
デ・ウエスタン研究所 200株
SHO-BI         300株
常和HD         200株
大研医器        100株

............................................................
★2008年のIPO利益 144万

paperboy & co.      100株
グリー           200株
メディサイエンスP   200株
データホライゾン    100株
サニーサイドアップ  100株
イデアインターナショナル 100株
プライムワークス      1株
アクセルマーク       1株
ネットイヤーG       3株
セブン銀行         2株
博展             1株
大西電気        100株

............................................................
★2007年のIPO利益 371万

ジャパン・ティッシュE
リンク&モチベーション
シナジーマーケティング
ユビキタス,ブロンコビリー
駐車場綜合開発,マネースクエア
山王、ナチュラム、ADワークス
チャイナボーチ(キャンセル)
サムティ,三ツ知,ナインユー(中止),UBIC,マネーパートナーズ
インフォテリア,カービュー,タケエイ
幼児活動研究会,シスウェーブ
やまねメディカル,イー・ギャランティ,ネクストジェン,コンテック,
Eキャッシュ、テイ・エス テック 
ストリーム、アサックス
野村不動産レジデンシャル
............................................................
★2006年のIPO利益 548万

WDI、ソースネクスト       
セントラル総合開発、東京1番フーズ
VSN,共英製鋼,アドバンテッジRM
平田機工,ライフフー,プロパスト
セルシス、ダスキン,Jプロジェクト
H&F、エレコム、アイレップ
アコーディア・ゴルフ、ネクスト
ファンドクリエ、アクロディア
SRIスポーツ、GCA、野村不動産
スターマイカ、ジェイエイシーJ
応用医学研究所、協和医科器械
日本和装H、イージーユーズ
ジェイアイエヌ、バリューコマース
バリオセキュア、NICオートテック
日本サードパーティ、OKウェイヴ
ファーマF、HIテクノロジー(中止)
アトリウム、ポラテクノ
クリエイト、高知銀行、フェリシモ
エスプール、岩井証券、ヒビノ
............................................................
★2005年のIPO利益 700万
            
日本オフィスS、グランディハウス
デリカフーズ、サーラ住宅、バルク、古河スカイ、ランドコム、アークコア、朝日工業
マルマン メディキット
ケネディックス投資法人     
アドバンスド・メディア     
リンクセオリー、セレブリックス、日本ロジスティクスF        
日本通信、共同PR
カブドットコム証券、チムニー   
テクマトリックス、NECリース  
............................................................
★2004年のIPO利益 577万  

チェルト、国際石油資源開発 
芙蓉総合リース
Eトレード(キャンセル) 
HS証券(キャンセル) 
キャリアデザイン、電源開発、和田興産、マリンポリス
三星食品、東京グロースリート 
タツモ、フジプレアム ウエスト 
ディップ、レイテックス、  
アーム電子、新生銀行、 
三井物産テレパーク
クリエイトSD、シーズクリエイト

※同居家族の当選分も一部含む
ネットショップ






  • ライブドアブログ